資産とは?(What is an asset?)

投稿者: | 2021年11月6日

 

資産(Assets)とは、個人、企業、または国が、将来の利益をもたらすことを期待して所有または管理している経済的価値のある資源のことです。

資産は企業の貸借対照表に計上され、企業の価値を高めるため、または企業の運営に利益をもたらすために購入または作成されます。

資産とは、将来的にキャッシュフローを生み出したり、経費を削減したり、売上を向上させたりすることができるものと考えることができ、それが製造設備や特許であるかどうかは問わない。

資産の保有を示すには、企業は財務諸表の日付時点でその資産に対する権利を保有していなければなりません。

経済資源とは、希少性があり、現金収入をもたらすか、現金支出を減少させることによって経済的利益を生み出す能力を有するものをいいます。

資産は大きく分けて、流動資産固定資産金融投資無形資産に分類されます。

流動資産(Current Assets)

流動資産とは、1年以内に現金化されることが期待される短期的な経済資源です。

流動資産には、現金および現金同等物、売掛金、棚卸資産、各種前払い費用などが含まれます。

現金の評価は容易ですが、棚卸資産と売掛金の回収可能性については、会計士が定期的に再評価しています。

売掛金が回収できない可能性があると判断された場合は、減損が発生します。

また、在庫が陳腐化した場合、企業はこれらの資産を帳消しにすることができる。

資産は、企業の貸借対照表上、歴史的原価の概念に基づいて計上されます。

歴史的原価とは、その資産の当初の原価を表し、改良や経年変化を調整したものです。

固定資産(Fixed Assets)

固定資産は、工場、設備、建物などの長期的な資源です。

固定資産の経年変化の調整は、減価償却費と呼ばれる定期的な費用に基づいて行われますが、これは固定資産の収益力の低下を反映している場合もあれば、そうでない場合もあります。

GAAPでは、大きく分けて2つの方法で減価償却が認められています。

定額法は、固定資産がその耐用年数に比例して価値を失うと仮定しています。

一方、加速法は、固定資産が使用され始めた最初の年にその価値が早く失われると仮定しています。

金融資産(Financial Assets)

金融資産は、他の機関の資産および有価証券に対する投資を表します。

金融資産には、株式、社債、優先株式、その他のハイブリッド証券が含まれます。

金融資産の評価は、投資の分類とその動機によって決まる。

無形資産(Intangible Assets)

無形資産とは、物理的な存在を持たない経済資源のこと。特許権、商標権、著作権、営業権などがこれにあたる。

無形資産の会計処理は、資産の種類によって異なり、毎年、償却または減損が行われます。

資産かどうかはどのように判断するのですか?

資産とは、個人や他の企業に現在、将来、または潜在的な経済的利益をもたらすものです。

したがって、資産とは、自分が所有しているものを指します。

したがって、10ドル札、デスクトップコンピュータ、椅子、車などはすべて資産です。

誰かがあなたにお金を借りている場合、あなたはその金額を貸しているので、そのローンも資産です(ローンは返済する側にとっては負債です)。

物理的でない資産(無形資産)についてはどうするのか?

無形資産は、誰かに経済的利益をもたらしますが、物理的に触れることはできません。

これは重要な資産の一種であり、知的財産(特許や商標など)、契約上の義務、ロイヤルティ、のれんなどが含まれます。

ブランド・エクイティや評判も、非常に価値のある非物理的資産の一例です。

また、株式やデリバティブ契約などの金融資産も無形資産です。

労働力は資産になりますか?

いいえ。労働とは、人間が行う仕事で、その対価として賃金や給与が支払われるものです。

労働力は、資本とみなされる資産とは異なります。

流動資産と固定資産はどう違うのですか?

企業は、使用される時間軸によって資産を分別します。

固定資産は非流動資産とも呼ばれ、長期的な使用(1年以上)を目的としており、簡単には清算されないことが多い。

そのため、流動資産とは異なり、固定資産は減価償却を行います。