第一生命のグレー約定価格、直近では「14.4万円」と 2010/03/30(火)
第一生命のグレー約定価格、直近では「14.4万円」と第一生命のグレーマーケットでの約定は、直近では14.4万円(売出価格は14.0万円)とのことだ。現時点では、14.4万円でオファーがあるのみで、ビッドはないもよう。[先物OP市場ウォッチ]
やはり、初値は低く抑えて少しずつ株価を上げていく作戦だなぁ〜!それはそれで良し。配当をしっかり積んでくれれば文句なし! 私もこれで資金を増やしていますので、それまでは株価を押さえていてくださいね♪
第一生命保険の基準値段等が決定 2010/03/23(火)
本当に!? これだけの額が貰えるのかぁ〜〜〜!
夢みたい!!!!!
本年4月1日に第一生命保険相互会社(コード8750)の新規上場を予定しておりますが、当該銘柄の売出し価格の決定に伴い、新規上場日の基準値段等を以下のとおり決定しました。

基準値段 制限値段(上限)
(呼値の制限値幅(上限))
制限値段(下限)
(呼値の制限値幅(下限))
140,000円 322,000円
(182,000円)
105,000円
(35,000円)

4月1日の気配値が待ち遠しいですねぇ〜。証券会社のアカウントにはいつ頃入るのかな?株券が入ってきたら随時アップしますね。

スポンサーリンク

・参照:新規上場日の基準値段等
[東京証券取引所]
第一生命保険の基準値段等が決定 2010/03/23(火)

 [東京 23日 ロイター] 第一生命保険(証券コード:8750)は23日、東京証券取引所への新規上場(IPO)に伴う株式の売り出し価格を14万円に決定したと発表した。仮条件は12万5000円から15万5000円でありレンジの中間価格となった。また東京証券取引所は第一生命の所属部を東証1部に指定した。発行済み株式総数は1000万株になるため時価総額は1兆4000億円規模となる。
 
 第一生命によると、ブックビルディングにおいて総需要株数が売り出し株式数を十分に上回ったほか、需要件数も多かったが、マーケット環境や上場日までの価格変動リスクを勘案して14万円に決定したという。関係筋によるとブック・ビルディング期間中の応募倍率は国内が3倍強、海外が4倍弱になった。
 
 これに対し市場では割安感のある水準との受け止め方が多い。「個人投資家にとっては払い込みやすい価格になったのではないか。仮条件の上限で決まって初値が天井というパターンよりも、今後の値上がり余地がある分、期待できる」(インベストラスト・代表取締役の福永博之氏)という。
 また、ちばぎんアセットマネジメント顧問の安藤富士男氏は「上場日の4日1日付で配当の権利が付くこともあり、初値はしっかりとなりそうだ。時価総額1兆4000億円の企業が登場することで、証券市場の活性化にも期待できる。無償で株券を受け取る保険契約者が売却代金の一部を株式投資や投資信託に回す可能性がある。仮に売却して消費に回ったとしても経済効果が出る。いずれにしても悪い話ではない」と述べている。
 
 一方で売り出し価格が上限付近で決まらなかったのは「成り行きでの申し込みではなく指値での申し込みが多く、売り出し価格決定に大きな影響をおよぼす海外投資家の指値の価格がそれほど高くなかった可能性がある」(外資系証券)との見方も出ている。「AIGが傘下のアメリカン・ライフ・インシュアランス(アリコ)を米生保最大手メットライフに総額約150億ドル(1ドル90円で1兆3500億円)で売却した。第一生命はアリコよりも規模が大きく割安感があるともいえるが、海外勢にとって人口の減少する国の生保事業にはあまり魅力を感じてないのかもしれない」(国内証券)との指摘もあった。
 
 上場日は4月1日。売り出し株数は当初、国内460万9535株、海外249万6635株で、需要状況に応じて10万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行う予定だったが、国内500万9535株、海外209万6635株、OA10万株に修正された。また安定保有先としてみずほコーポレート銀行などに国内売り出し分のうち合計211万2900株を売却する予定。申し込み期間は3月25日から30日まで。
 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)
スポンサーリンク

上記ニュースから、割安感があるらしいので追加しようかな…。